投資銀行業務の展望

e0046070_170294.gif
最近、よく読んでいる外銀さん方のブログが休止になっている。客商売なので当然と思われるが、ちょっぴり残念。僕は狭義の投資銀行業務に関して、コモディティ化&ドブ板営業のイメージを持っているし、インターンでピッチブック(提案用のパワポ資料)を作り確信に近い思いを持っていたのだが、どうやら今後は違う様相を見せるかもしれない。参考になるので、無断引用になるが、載せさせていただきます。

つまり、あれだな、俺が作ったのは超簡易版?ということでな~んにもわかっちゃいなかったんだ。もっと勉強しよう。にしてもご好意でブログに投資銀行の実務を教えてくださった方々、本当にありがとうございます。間違いだらけの日経よりずっと読み応えのある文章でした。IBのフロントで頑張ってください!






ブログ休止

知らぬ間に当ブログも有名になってきてしまったようです。ボストンキャリアフォーラムでもお会いした8割ぐらいのMBAの方々には読まれていて正直驚きました。面接やディナーでお話した後「ブログ書いてますよね、いつも読んでますよ」なんてぼそっと色々な人に言われました(笑)。日本に戻ってきて書けないことも増えてきましたので、宣言どおりここらでブログは休止したいと思います。その前にもう少しだけ私のブログを読んでおきたいという方々のために、やや決意表明めいてはいますが、バンカーとしてやってきて今感じていることをまとめておきたいと思います。

さて、東京に戻ってきてから会社を色々回っていますが、王道の投資銀行スタイルがようやく受け入れられる土壌が日本にもできてきているのを肌で感じます。これまでは日本企業の経営陣はM&Aや資金調達といった超重要戦略意思決定ですら旧来お世話になっている日系証券会社や銀行系証券に安易に頼んでしまう傾向がありましたが、明らかに変わってきている。もはや夜の接待やゴルフ接待だけでM&Aや資金調達の仕事が取れる時代は終わろうとして来ていると言ってもいいでしょう。バンカーは日本でも提案の中身で勝負する時代が到来しています。逆説的にこれは投資銀行業務の二極化時代の到来でもあるでしょう。バンカーが単なるエクセキューターに終始する投資銀行業務(経営の超重要意思決定とは言えない案件)はより一層手数料競争になっていき、経営の根幹にかかるアドバイスに関してはリレーションシップ営業しかできないファームには仕事が来ない時代です。

東京の日本人バンカーで40歳を越えている人々はほぼ全員が元日系銀行・証券出身者です。何十年もバンカーをやり続けるキャリア・インベストメントバンカーと呼ばれる人々が数多くいる欧米とは業界全体の経験や蓄積、洗練度が大きく違います。資金調達のアドバイスに関しては昔の日系証券会社もかなりの高いスタンダードを持っていたと思いますが、ことM&Aに関しては日本はものすごく遅れていました。日系証券・銀行出身の方々が必死に海外の投資銀行業務のスタイルを学んで少しづつ日本で浸透させていったわけです。残念ながらそれゆえ80年代・90年代半ばまでのM&Aは外資と言えどまともな提案活動よりも株の営業マンスタイルで仕事が取れてしまう時代が続いていました。これは業界全体のレベルが低かったためでもあり、また、クライアントサイドの企業側の経営企画部や財務部のレベルが低かったためでもあるでしょう。外資投資銀行の投資銀行業務も本格的に日本でスタートして15年程度の歴史を経て、ようやく純血外資バンカーが育ってきています(もっとも各年次で業界全体でも5人ぐらいづつといった人数だと思いますが)。個々人のバンカーの技量がもっとも問われる時代に突入したといっても過言ではないでしょう。

DCFやらcomps, precedents, LBO, mergerモデルなどができて、株式交換・会社分割などの法律・会計知識を持つ人々はものすごい勢いで増えています。ただし、それだけでは株の営業マンの域を超えられません。所詮「M&Aやるならうちに任せてくれればエクセキューションはやりまっせ」の域を超えていないからです。また、オポチュニスティックに一風変わったプロダクトを提案する旧来の一部外資の短期的利益追求型営業も限界があります。そうした案件数はいくら積み上げても成功するバンカーにはなれないでしょう。ただの案件エクセキューターに陥ってしまっては仕方が無いわけです。「インベストメントバンカーは男子が一生をささげる仕事ではない」なんて言っている人もいますが、それは本来の王道バンキングを知らないからです。本来バンカーはものすごく頭を使う仕事のはずですが、頭を使わない仕事スタイルにしてしまってきたのです。能動的に経営陣と経営・財務戦略についての対話を続けM&A・財務戦略をクリスタライズするプロセスからアドバイスしていく、それができるバンカーが今後長期的に成功するバンカーです。付け加えるなら、成功するだけでなく、やりがいのある投資銀行業務ができるかということでもあるでしょう。

予断ですが、MBAの方々の面接の際に何度か「良い買収のクライテリアは何だと思いますか?」という質問をしました。多くの方々は戦略的フィットやシナジーをすらすらと上げられましたが、同じぐらい重要なのはバリュエーションです。いくらシナジーがあろうともそれを上回る高値で買ってしまえば良い買収ではなくなるのです。逆にLBOにおいても極端な例では全く事業改善・リストラの余地がなくとも、安く買えればそれは良いLBOということになります。この発想の差が戦略コンサルとIBの違いとも言えるでしょう。経営戦略・バリュエーション・ストラクチャリング・エクセキューション全てに精通していることがバンカーとして成功するためのポイントとなります。

年齢に関係なくリレーションシップは中身があれば自然とできる、そのことを日本に帰ってきて更に実感しています。年配の役員の方々からももっと話を聞きたい、これはどうやればいいんだ、なんて反応をもらうと嬉しくなります。更なる成長と利益率の改善をもたらすには何をしたら良いのか、同業他社はどのような戦略を打ち出しているのか、クライアントのことを「インサイドアウト(裏表全て)」知り尽くした上でクライアントの目線で必死に次の一手を考える、その真摯な姿勢が重要です。今まで夢物語だと思って経営陣の方々がまともに検討すらしたことのない理想的な案件、それは本当に夢物語なのか、どうやったら実現できるのか、あるいは似たような効果はどうやったら達成できるのか、そんなことをきちんと考えていけるかどうかです。これは単純なようでできる人が少ない。ただ知識があるだけでは駄目ですし。日本人バンカーで事業会社の役員に転じる方などが欧米に比べてこれまで圧倒的に少なかったのも恐らくは、日系証券会社的な株営業スタイルでバンキングをやっていた人が大半だったからでしょう。我々の世代の純血バンカーが活躍し始めている今後5年ぐらいの間に日本の投資銀行業は大きく変わっていくことでしょう。


これをもってこのブログは終わりとさせていただきます。今までありがとうございました。NYで衝撃的な出会いなどもあり色々今考えていることもありますので何らかしらの形で再開することもあるかもしれませんが、それまで皆様ごきげんよう!
[PR]

by tsuyoshi_829 | 2005-11-01 04:11  

<< 今日の講演はおもしろかった、 フィンランド >>