病院管理会社の上場

日本では基本的に見かけませんが、アメリカ含め欧米においては病院を管理する会社が上場するケースが見受けられます。公的な面が強調されがちな「病院」ですが、上場して資金調達を拡大化することによって、最新の医療技術の導入や規模の経済の拡大、マネジメントの拡大など、様々なメリットを受けているようです。オーナー企業を除くと、デット(借入金や社債)での調達が多いですが、一部エクイティによる調達も行っています。6社ほどチェックしましたが、投資信託のファンドからの調達が多く、SRIファンドもありました。一部は、銀行や事業会社が保有しているようです。

某「融資請負人」殿の会社もエクイティでの調達に苦労されるだろうなぁと推測します。ざっくりとした印象ですが、日本のエクイティ投資家の幅がもう少し多様化して広がりを見せてほしいと思うわけです。関係が極端なんですよね、株式の性質上仕方ない部分もあるのだろうとは思いますが。こんなこと言うと古臭いとか叩かれそうですが、僕自身は企業は株主に従うべきではないと考えるし、株式価値最大化を目指すなんてビジョンの喪失ではないかと考えています。確かに、どういった投資家に保有して頂き、彼らにキャピタルゲイン+インカムゲインで形成される利益をどのように設定して頂くか考え、対話を続けて投資家の要望にこたえるのは基本であるし必須ではあるのですが、株主の意向を伺ったような戦略を実行する企業に対しては否定的な見解を持っています。と、この辺りの議論をし出すと止まらなくなるのでストップします。

さて、今日はアメリカの病院管理会社の一つである、HCAの概略を時系列的に紹介させて頂きます。作成時間30分程度なので、読みにくい部分あるかと思いますがご了承ください。創業者の苦労と熱い思いが伝わればいいのですが・・・。

次回は、アメリカの製薬業界について報告できればと思います。

-------------------------
HCA

e0046070_235223100.jpg
1960年、トーマス・ファースト医師は、医師のグループによるナッシュビルにPark View Hospitalを設立しようという努力を指揮しました。60年代半ばまでに、ファーストと他のPark Viewの医師たちは、病院を運営し最新の医療技術を維持し拡大するための集団を探していました。1968年、ファースト、ジャック・マッシーとファーストの息子は病院管理会社を設立しました。名前は、Hospital Corporation of America、現在のHCAとして知られています。


すぐに、HCAは、規模の経済を創造し国を超えたコミュニティにおける医療の質の強化のために、病院を集めることによって事業範囲の拡大をすることを決定しました。最初の病院管理会社の一つであるHCAは、現地の意志と緊密に働くと同時に刷新的なビジネス慣行と質を向上させコストを削減するための私有の資本を用いました。


会社は急速に成長し、サービスが行き届いてないコミュニティにおける新しい病院を多く設立し、施設を取得し他のオーナーと病院を管理する契約を結びました。金融資産や専門技術の管理、医療の経歴を用いて、HCAはマーケットをリードする病院の中心グループに注力しました。この運営方針は今日においても採用されております。


11の病院とともに、1969年にHCAは上場を果たしました。同年末までには、HCAは26の病院と3000のベッドを保有していました。会社は病院が地方のコミュニティのニーズを満足することを保証するために資金を投じました。そして、HCAが各施設に対してサポートと資源を提供するも、病院管理の意思決定の権限は地方の現場に与えられていました。


1970年代は産業における急速な成長によって特徴付けることができます。1980年代早期においては、注力するところが合併にシフトしました。General Care Corporation, General Health Services, Hospital Affiliates International and Health Care Corporationです。1981の終わりまでに、会社は349の病院と49000を超えるベッドを管理していました。営業収入は24億ドルにまで膨らみました。
1987年には、病院数は463になりましたが、HealthTrustを分離独立しました。また、自社の株価が低く評価されているとして、51億ドルのLBOを実施、再び公開会社として登場するのは1992年になります。


93年には、Humanaを合併し、続いていくつかのヘルスケア事業を買収して休息に包括的ヘルスケアネットワークを構築していきました。ピーク時には、200億円の売上を叩き出し、285000人の従業員、350を超える病院、145の外来患者用外科センター、550の在宅介護事務所を保有し、その他補助的ビジネス等を営んでいました。97年、ファーストとジャックが会長、CEOとして復帰しました。彼らは一緒になって、即座に会社を再構築し市場をリードする病院の中心グループを通じて高品質の医療を提供することにフォーカスすることを発表しました。HCAは非医療系ビジネスだけでなく運営方針にフィットしない施設を売却しました。現在は、Bovenderが会長兼CEOとしての役割を勤めています。ファーストとジャックは引き続き取締役として会社にかかわっています。リチャードは現在のHCAのプレシデント(CEOとどの辺が違う?)兼COOです。


ナッシュビルに本拠地を持ち、現在のHCAはヘルスケア・サービスの指導的プロバイダーです。我々の患者は首尾一貫して私たちに非常に高い満足度を感じていらっしゃるようです。90%以上の患者さんが再び入院の際は是非HCA系列の病院を使用したいと話しています。HCAは現地で運営されている医療施設から構成され、具体的には、191の病院と82の外来患者用外科センターを米国23の州、イギリス、スイスにおいて運営させていただいております。
[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-09-12 23:49  

<< ニュース一覧 ホームデポ >>