<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

我がゼミの欠点

について、後輩と話していて考える機会がありました。昨今、何故かファイナンスの人気が高まり、金融工学という分野の注目度が上がっている印象を受けます。個人的には、金融機関に興味があったから今のゼミを選択したわけではなく、ゼミはちゃんと勉強したい、加えて現実的なissueを扱いたいという気持ちから今のゼミに入りました。だから、入ったばかりのころは、ろくにイメージもわかないまま先物やらオプションの勉強をしていたのでとってもつまらなかった記憶があります。

それに関連する話ですが、金融工学というのはあくまでツールとしての面が強すぎるので、その手法について議論する余地はあれど、世の中こうすべきである等社会に関する問題意識を議論する部分はとても希薄です。実証がすべてパソコンで完了し、金融全体がリアリティの無い方向に向かっていることも上記の傾向に拍車をかけているのだと思います。企業等の社会活動の営みを背景として、その促進を目的に発達しているはずなのに、金融工学を勉強しているとその営みを素通りしているような気がしていました。これはこの分野を最初に勉強してきたからなのかもしれません。

リアリティの問題に関しては、インターンや自分で取引する事等で解決出来る部分が大きいのでしょう。僕も外銀出身の先生に相談したところ、非常に奨められて、いくつかの企業のマーケット部のインターンに参加しましたが、期待以上の収穫があったと確信しています。

こういうこともあって、大学入学して、ずっとこの分野を勉強することをなかなかお奨めしにくいのが本音です。ダブルゼミなり課外活動なりで社会への問題意識を深め、何か解決したい問題が出現し、その方法としてファイナンスの意義を認めて初めて勉強すべきであると考えています。僕は、むしろその意義に固執することで勉強のモチベーションを上げて過ごしてきました。順序が逆ですね。さらに、もう一つのゼミの影響を強く受け、もう少し広い視野から問題を解決し社会を一つずつ良くしたいという気持ちが固まり、現在の就職先に拾って頂くことにしました。

と、ここまで我がゼミというより「学生が金融工学を勉強するデメリット」にスポットを当てて書きました。もちろん、良い面も沢山あり、勉強してきて良かったと思うことも多々あります。しかし、僕らはこうしたデメリットを強く認識し、それを克服する不断の努力を続けることで、確かな成長の手ごたえを感じ、前に一歩一歩進んでいけるのだと信じています。そうした気持ちを忘れずに残りの期間を過ごしていきたいものです。
[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-06-30 22:31  

侵入者

today, one stranger came to my house. stranger X was invited to dinner in my house. as i anticipated, Sakura, watch dog, barked X. X tried to jolly up Sakura with small fry. but Sakura got angry, instead of feeling glad. again, Sakura barked. i had no alternative but to calm down.

now, i continue to study with classic music. at this hour, i can build up, so i usually read book. Sakura is sleeping at the entrance now. this is chance.

good night☆




番犬
guard dog // house dog // watch dog // watchdog
機嫌を取る
curry below the knee〈俗〉 // jolly up // lay it on // suck up〈俗〉 // sweeten up
小魚
fingerling // fry // minnow // small fry // tiddler
うれしがる
feel glad
うれしがる
【自動】rejoice
仕方なく
out of necessity // out of need // under unavoidable circumstances
仕方なく
【副】reluctantly // resignedly
仕方なく~する
have no alternative but to
なだめる
calm down // exercise a calming influence // rub someone (up) the right way // say some nice things // soothing tone
集中する
build up // get centered on // get down // stay focus
玄関
entrance // hall // hallway // portal // street door // vestibule
[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-06-28 01:07  

changing job

my father decided to live in hokkaido and moved today with my mother. my mother help him to start his new life. so, i am alone in my house, with dogsitting. my dog SAKURA always feels lonely and is on the scrounge. today, sakura called me over and over to take a walk. althogh i studied math, i stopped my study and took sakura for a walk. in the middle of dog-walking, sakura got down flat under some bushes and didn't move!! i tried moving sakura, but she didn't. i got tired, so i laid on the face near sakura for a while. 5 minites later, she began to walk as if nothing had happened. she was audacious!! umm(><)

日経の隅に小さく出ていたけど、デリーでの高架鉄道の案件が評価され、ムンバイ等他の都市でも同様の事業が円借款で行われることが決定したそうです。
数少ない優良案件で、http://www.jbic.go.jp/japanese/base/topics/030605/index.phpでも紹介されています。一度成功すると同様のケースをやることが多いのがこの業界の特徴のひとつです。前例でいうと、地方自治体との連携や「みちのえき」でしょうか。作業人の雇用や建設コストの高騰など反省点を踏まえて、よりよい案件にしていただきたいものです。


寂しがる
feel lonely // feel lonesome // get lonely for
おねだりをする
be on the scrounge
~の途中で
halfway through // in process of // in the middle of // in the track of // midway through
健康のための散歩
constitutional // constitutional walk
犬の散歩
dog-walking
茂みの中でうつぶせになる
get down flat under some bushes
うつぶせになる
lay on one's stomach // lay on the face // lay on the stomack // lie face down // lie prone
むくむく動き始める
begin to stir
何事もなかったかのように
as if nothing had happened // as if nothing happened
彼は何事もなかったかのように振る舞っている。
He is acting like nothing happened.
ふてぶてしい
【形】audacious
[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-06-27 01:14  

今日は大掃除

前回、製造業の業種間の負債比率(簿価)が拡大しているということを確認したので、非製造業でも実験してみました。結果は以下のとおりです。e0046070_8505246.gif
e0046070_851322.gif


非製造業で100%を超えているのがありますが(農林水産業とかです)、確かに見てみると総資産より負債の方が多いです。これは時価じゃなくて簿価で見てるからこんなふうになるのか・・・ちょっと調べてみたいところです。いずれにせよ、負債比率の差は拡大傾向にありますが、これは業種間の差が拡大したということであり、サンプルの20000企業の差が拡大したことを示すものではありません。

ちなみに、前回の非製造業版も以下に載せておきます。
e0046070_8565623.gif

情報通信の負債比率が低いのは直感に合うところですが、ガスとか水道辺りの1970年辺りの変化の仕方は気になるところです。米国の事例とみると、法人化とか民営化が絡んできたりするみたいです。東京ガスや大阪ガスのwebページ見てみると、ちょうどこの頃、液化天然ガスの導入を開始した時期とあります。まさか、LNG買う資金を負債で調達??

さて、次回はデットファイナンス、エクイティファイナンスとあるのですが具体的にどういう行為を指していて、その行為が市場に与えるインパクトや意味について考察してみたいと思います。大学で新聞の過去記事をダウンロードするやり方をやっとマスターしたので、出来れば具体例とかを交えて考察を深められたらなおよしという所です。この辺りはまだまだ勉強不足なので本買って勉強しなければ・・・。プロである「融資請負人」の意見を聞きたいなぁ・・。

おっと、呼ばれたので掃除を手伝わないと☆
[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-06-25 09:20  

旅行

today, i decided to go to Thailand the week after next.
only thirty minutes, i required to decide.
it was negligent conduct !
although i is so busy now, i manage to my tasks and enjoy my trip.
this trip concept is a personal comfort, so i will go through a therapeutic experience, for example, massage, gorgeous meal.

for this reason, during my absence, july4~july8, i will not able to update my blog.

by the way, it was heavy rain today.
many students(only university students??) are reluctant to go outside when it rains.
i live in siga, so i was also reluctant today. tomorrow, i must go to my university by 8:00 AM(><) .
i wish beautiful day tomorrow.

good night☆



基本的に 【副】cardinally // essentially

癒しの体験をする  go through a therapeutic experience
そういうわけで  for this reason // in line with this
[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-06-23 00:49  

寝る前に

卒論とは別個に勝手に実証で、データをいじくっている日々が続いています。最初は時間がかかっていたが、エクセルのスピードも格段に上がり、無駄な行為が減っている今日この頃。この前、東証33業種別負債比率ランキングを載せた(http://kktsuyoshi.exblog.jp/m2006-04-01#3320627)けど、下二つがよく理解できなかったので考えてみた。

医薬品とか、通信業って負債比率低いけど、これは有利子負債が少ないから低いのか、それともそれ以外の負債が少ないのかな?そもそも業種ごとに負債比率と有利子負債比率って関連があるんやろうか?と思って以下のグラフを作成してみた。比率の分母は総資産。
e0046070_3583217.gif

e0046070_411763.gif

e0046070_41296.gif

上の図(外部ブログ)を見てみると、医薬品では有利子負債と負債の関係が綺麗に出たけど、通信業ではそこまでという印象。業界全体では、金融業は当然フィットしていない。これは、銀行のバランスシート見たら一目瞭然だけど、「預金」は有利子負債に入らないので納得できる。その他金融に関しては、負債に占める有利子負債の割合が高い、この高い部分は主にリース業による。医薬品の有利子負債、通信業の負債が低い理由に関して「投資機会」に答えを求めてみるか、fama and frenchのように「研究開発費」を入れてみるか、時間があれば両方やって検証してみたいところ。とにかく、通信業というかIT、全く知識がないのでこの際勉強してみてもいいかもしれない。時代遅れでいるのは学生で終わりにしないと・・・

上記とは別に考えていることがあって、EQUITY,DEBTどちらにしろ市場が成長しており、過去に比べて、企業及び業種間の負債比率の差が拡大しているのでは?と考えていたのでこちらもチェック。データの出所は法人企業統計。平均的には、http://kktsuyoshi.exblog.jp/m2006-06-01/#3618701で示したように、低下傾向にあります。調べた結果は以下のグラフ(クリックすると綺麗に表示されます)のとおりです。確かに差が拡大傾向にありますが、背景がまだよく理解できないので図書館で調べてみないと・・・。さっきは比較的負債比率の低いところをチェックしてたけど、こうしてみると負債が減っていない業界も気になるところです。成熟業界??

ちなみに、今回は製造業に絞っています、残りは時間があった時にまた調べてみます。では、おやすみなさい☆

e0046070_433249.gif

[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-06-22 04:23  

夕張市負債600億円

yesterday, i knew a new word in english,"petticoat goverment". this words means that a woman has a initiative in making decision with a man. Incidentally, "petticoat"(n) is a long skir that was worn under a skirt or dress by women inthe past. this word(a) has another meaning, 女性の、女性的な、女性による.

by the way, i ate green curry at AOZORA(http://r.gnavi.co.jp/k624100/)near my university. since i couldn't handle hot food, i oredered "AOZORA curry". this curry was mild in taste, so i enjoyed my meal. what's more, vegetables in curry soup were very delicious. come to think of it, in this week i can ate green curry at CHUO SYOKUDO. tomorrow, i will go to ate curry.

熱い食べ物が苦手だ can't handle hot food
まろやかな味である be mild in taste
おいしく食べる eat one's food with pleasure // enjoy one's meal
そういえば as far as that goes // as I recall // come to that // come to think about it // come to think of it

■昨日、夕張市のニュースが流れてきました、北海道新聞の記事を載せます。

夕張市、負債600億円 一時借入金 12金融機関から  2006/06/20 07:07

 財政再建団体の指定を申請する方針を決めた夕張市の実質的な負債総額が今年三月末現在、特別会計や企業会計を含めると約六百億円に上っていることが十九日、北海道新聞社の調べでわかった。負債の半分を占める一時借入金は二百九十二億円で、借入先は道内外の十二金融機関に上る。恒常的な資金不足に窮する同市が手当たり次第に取引先を拡大させてきたためとみられる。

 負債の内訳(額は一部推計)は一時借入金が二百九十二億円、地方債が市立病院や水道事業など企業会計を含め約百八十七億円。公営企業や第三セクターの借入金(同市からの借入金は除く)に対する同市の債務・損失保証が「夕張市土地開発公社」約八十五億円、「石炭の歴史村観光」約十八億円、「夕張観光開発」約十七億円などとなっている。

 これらの合計額は昨年三月末時点に比べ約五億円増加した。このほか同市の三セクなどは、施設に関する減価償却費を近年計上しておらず、これを適正に処理した場合、負債額がさらに膨らむ可能性がある。

 一方、一時借入金の借入先は十二金融機関。夕張市と同規模の市町村は通常、地元に支店を置く金融機関など数行と取引するのが一般的で、本州大手行を含めこれほど多くから借り入れるのは極めて異例だ。残高では旧夕張信金と二〇○一年に合併し地元に支店を置く北海信金が約六十七億円と最大。同市が資金繰りに行き詰まった場合の住民生活への影響に配慮し、地元信金として融資を年々拡大させた。

 また公営企業や第三セクター向け融資との合算額で最大なのは、みずほ銀行の約九十九億円。大手行や一部道内金融機関は、自治体向け融資に、いざとなれば国が肩代わりする「暗黙の保証」がある点に着目し取引額を拡大させた。同市の「一時借入金」の手法とともに、同市が雪だるま式に借金を拡大させるのを黙認してきた金融機関のモラルも論議を呼びそうだ。


東京新聞のニュースも詳しいですが、長いのでwebページを載せます。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060621/mng_____tokuho__000.shtml

以前、http://kktsuyoshi.exblog.jp/m2006-05-01#3420150において触れましたが、単年度収支のみで判断する手法の限界を匂わせます。リファイナンス繰り返して、「自転車操業」状態だったらしいです。地方自治体の財政状況の実態をより認識できるような、新たな判断手法の開発が望まれます。また、今回の論点とは少しずれるのですが、金融機関のモラルハザードの問題が指摘されていました。97年以降、企業が破綻したときも、debtholderとしての銀行の問題が指摘されていました。個人的に思うのは、debtholderの問題以上にequityholderのチェック機能が問題視されてもいいんじゃないかなぁ~と感じています。この辺りは興味深いので引き続きチェックしていきます。
[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-06-21 14:00  

住宅事情と英語の続き

today, i took a walk with my dog, SAKURA. she is our idol, but she is audacoius. yesterday, she bit my shoes in my absence! i scolded SAKRA and give her tail a strong pull. she was astonished and evaded me. It was a bummer. i must check her activity carefully・・・, umm.

さて、犬との戯言はおいておいて、今日は住宅着工のデータを取る用事があったので載せます。
e0046070_22231463.gif

e0046070_22234854.gif


持家とは建築主が自分で居住する目的で建築する住宅、戸建分譲とは建て売りまたは分譲の目的で建築する戸建住宅のことを指し、貸家、給与住宅はこれらのカテゴリーには含まれません。給与住宅とは会社、 官公署、学校等がその社員、職員、教員等を居住させる目的で建築するものです。公庫とあるのは、出資です。基本的に目的別で分けています。データの出所は国土交通省です。

公庫以外の持家が増えているということは、個人で住むために家を立てる件数が増加傾向にあることを示していると思われます。にしても、8~10年の減少時は確かバブル崩壊で不動産価格が低下していた時期であるのに、新規着工が減少しているので、資産価格低下メリット以上に景気悪化に伴う住宅関連会社の懐が寒かったのでしょうか。家を自分で買うような個人の人への影響は薄かったようです。

個人的に、いつか一家一城の主になってみたいものです。あ、・・・天下だから無理か(><)
[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-06-19 22:32  

英語で日記でも

today, i watched the soccer game on TV. when japanese player brought down a Croatian, i was in a cold sweat. but, G.K. kawaguchi showed me a special save. as a result , the game ended in a draw. japanese soccer team are in a severe state now because they must win the next game, versus brazil. i send my wishes for the success of the next game!


中学生レベルなので気にしないでください・・・
これが限界(><) painful level 脱却へがんばろう
[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-06-19 01:38  

総裁のコメントより、

やっぱり若い人たちが世の中を切り開いていき、その勇気ある若者を誰かがサポートしていくということでないと日本は勝てないのです。その気持ちはきちんと皆さんにも持って欲しいし、様々な経験をして、それはやはり辛いけれども、その気持ちだけは今後とも失わないでいきたいという気持ちで責任を果たしてまいります。

http://www.boj.or.jp/type/press/kaiken/kk0606c.pdf より

細かい話にけちをつけて、この国の発展を阻害するようなコメントばかりでうんざりでしたが、上記のようなコメントを見ると、素直に嬉しい気持ちになります。何か新しいことをするとき、最初は順調でも規模を拡大する過程で法律を犯す傾向が強いなら、誰か外部アドバイザリーとして入ればいいでしょう。村上さんがどういう気持ちでファンドを作り、強い実行力をもって如何に世を動かしたか、これを理解することなしに最終結果だけみてall駄目とする風潮にはもはやうんざりです。そうじゃない人もいますが、政治家やマスコミの不勉強さにはあきれるばかりで、特に専門性の高い分野(今回の件で言うと金融)に対するコメントは目を覆うばかりです。原因は不勉強でなく利害構造にあるのかもしれませんが、もう少しまともな言い方をしてほしいものです。個人的に、昨今の世の中の流れの傾向自体は間違っていなくて、個々の論点で修正を要する点が表面化しているだけなので、適時修正しながら進んでいけばよいと考えています。

上記の総裁のコメントは感情的に嬉しいですが、彼が日銀の総裁であることを考えると、仮に村上さんが逮捕されなくても、儲け過ぎて批判が出てくる可能性は十分にあると考えられるので、結果としてさも悪いことをしているかのような流れになり、結果日銀及び職員に規制がかかるなどのデメリットが生じることを予想して慎むべきであったのかなぁとは考えます。

確かに、収益率が正規分布に従うならあのリターン率になる確率は恐ろしく低く、彼の本業の忙しさを考えると「望み過ぎ」かと批判が飛びそうですが、マスコミや政治家の進歩を期待するよりよっぽどマシなので、敢えて上記のようなことを要求したくなります。苦労する人はますます苦労する傾向は不変なのかもしれません。心身、健康に気をつけて頑張っていただければと思います。
[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-06-18 17:16