ひと段落

したような、

「国政モニター」の活動がやっとこさ終了。

毎月の課題のほか、政策について約1000字くらい意見を書くと1回1000円貰えるもので、一年間あります。

内閣府としても年齢や男女比を振り分けようとしているけど、基本的に年配の方が多いです。従って、日ごろの出来事や政策についてどのような思考を持っているかを知るのは大切なことでした。加えて、個人的に注目していたのが、意見に対する官庁の言い訳。モニターの方が「~したほうがいいんちゃう?」とか「~すべきだ。」とか書いて投稿したのを官庁の方は、「この話は、法律第・・・がありまして、従いましてこのような現状になっています。なお、ご指摘のように昨今そうした流れもありつつ、我々といたしましても善処したく思慮しております。」と言い訳するわけです。こうした官庁のロジックの組み方というか意見の構築の仕方がわかると就職活動に役立つだろうと思って毎月投稿していたのを覚えています。官庁の審議会や研究会の報告書を読み漁りだしたのはちょうどこの頃です。冗長な部分もありますが、基本的に丁寧で読みやすいです。

下の写真は、老松の夏柑糖です。縁があり頂いたのですが、美味ですね。素晴らしい。ちなみに、今日は柳川鍋を食べました、明日は鰻☆

e0046070_2022422.jpg

[PR]

by tsuyoshi_829 | 2006-07-22 20:04  

<< なるほど、 JAL大丈夫!? >>